Notice: Object of class WP_Post could not be converted to int in /home/users/1/sub.jp-rozafi/web/web-sourcecode/wp/wp-includes/post-template.php on line 310
 laravel5.8 バリデーションの required でスペースのみだとエラーにならない|SOURCE CODE
PHP - 2019-09-02

laravel5.8 バリデーションの required でスペースのみだとエラーにならない

先日、とある案件でフォームを作成した際に、お客様から指摘があって修正した際のメモです。
そもそも required とは指定フィールドが存在し、かつ空でなければ通しますということらしいのでスペースだと空ではないということになるんでしょう。

サービスプロバイダー作成

今回は CustomServiceProvider という名前で作る事にします。
まず、以下のコマンドを実行します。

php artisan make:provider CustomServiceProvider

コマンドを実行するとapp/Providers/CustomServiceProvider.phpが生成されます。
作成したapp/Providers/CustomServiceProvider.phpに以下を追記します。

app/Providers/CustomServiceProvider.php

<?php

namespace App\Providers;

use Illuminate\Support\ServiceProvider;
use Illuminate\Support\Facades\Validator;

class CustomServiceProvider extends ServiceProvider
{
    
    /**
     * Register services.
     *
     * @return void
     */
    public function register()
    {
    }

    /**
     * Bootstrap services.
     *
     * @return void
     */
    public function boot()
    {
        Validator::extend('space', function ($attribute, $value, $parameters, $validator) {
            if( mb_ereg_match("^(\s| )+$", $value) ){
                return false;
            }else{
                return true;
            }
        });

    }
}

作成したサービスプロバイダーを設定ファイルに追加

先ほど追記したapp/Providers/CustomServiceProvider.phpを使用できるようにconfig/app.phpprovidersに追加します。

config/app.php

'providers' => [
    ...

    App\Providers\CustomServiceProvider::class,

    ...
],

カスタムバリデーションをコントローラーで実装

コントローラー内にエラーメッセージを設定していますが、resources/lang/ja/validation.php内に追加することも可能です。

app/Http/Controllers/ContactController.php

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use App\Contact;

use Illuminate\Http\Request;
use Session;
use Redirect;
use Validator;


class ContactController extends Controller {


    public function index() {
        return view('contact');
    }


    public function send(Request $request) {

        $this->validate($request, [
            'name' => 'required|space',
        ],  [
            'name.space' => ':attributeは空白以外の文字もご記入下さい。',
        ], [
            'name'      => '氏名',
        ]);

        $contact = new Contact($request->all());
        return view('contact.send', compact('contact')); 
    }
}
Related Posts

Related Posts

laravelでMarkdownを使用する方法

2019-08-22

Laravelでよく使うartisanコマンド

2018-04-25

Laravel5.8でひらがなとカタカナのバリデーションを追加する方法

2019-08-28

PHPでメール送信ライブラリ-Qbmail

2017-02-01